医療保険の選び方|あなたにピッタリ医療保険情報提供

説明

特約を選ぶ

パソコン画面を見る

医療保険を選ぶ際に重要になってくるのは入院給付金や手術給付金だけではありません。
入院給付金や手術給付金は医療保険に加入する際に必ず保障されるものなのでスタンダードなプランとなっていますが、これらの保障以外にも自分好みの保険にするために、保障を選択出来る特約というものが保険会社には存在します。
特約にだけ加入することは出来ないのでスタンダードなプランに加入してから特約を選択する必要があるので注意しましょう。
特約の代表的な物が年齢を重ねるとかかりやすくなる生活習慣病の1種である糖尿病や高血圧、がんや心疾患などの病気で入院、または手術をすると通常の保障よりも多くの給付金がもらえるというような特約が存在します。
さらに、女性に特化した保険などの場合は乳がんや子宮頸がんなどにかかった場合に特約と同等の保障が受けられる医療保険があるなど、保険会社や性別の違いによって保障が変わってくるのでしっかりと保険の保障を調べておくことが大切です。
入院や手術の際の増額だけでなく、入院期間などを対象にしている特約もあります。
スタンダードタイプの医療保険の場合、入院してすぐに給付金が支払われない場合があります。しかし、特約のなかには入院してすぐに給付金を受け取れるものや長期間の入院のために入院給付金の限度額を超えてしまった場合でも保障を延長することが出来るタイプもあるので長期入院するようながんなどの病気が心配だという場合はこのような特約を選んでおくと良いでしょう。
特約にも選び方があり、自分に合った特約の選び方をしっかりと考えてから保険に加入する必要があります。
特約の選び方としては、過去に自分に近い親族がかかった遺伝性のある病気などを特約などでさらに保障を高めておくと良いでしょう。
また、特約を使用しなかった場合の保障なども重要になってくるので特約を使用しなかった場合、次回の入院の際の入院給付金の増額や特約のお金が戻ってくるなどの特約も選択しておいた方が良いかもしれません。
また、一般的に先進医療は特約などでしか保障されないのでがんなどの心配がある場合は先進医療が受けられる特約などを選択するような医療保険の選び方をしておきましょう。
特約をつけるか付けないかは個人の自由ですが、付ける場合の選び方としては必要最低限というのが望ましいので特約のつけすぎもあまり良くないのでよく考えてから選択しましょう。