医療保険の選び方|あなたにピッタリ医療保険情報提供

説明

給付金の基本

相談

入院給付金と手術給付金は医療保険の基礎とされる2つの給付金です。
給付金の受け取り方なども医療保険の選び方としては重要になってくるのでしっかりと基礎的な給付金について知っておきましょう。
入院治療の際には入院する際の部屋の確保などをするためにお金が必要になってきます。突然の怪我や病気になってしまうと急な出費である入院費を払うのが困難な場合もあるでしょう。
しかし、医療保険に加入していれば怪我や病気で入院することになっても治療を目的とした入院であれば加入している保険の対象となるので給付金を受け取れるため入院費の心配をしなくてもよいのです。
契約によって給付金を受け取れる期間が決まっているのでその辺りは医療保険に入る前に確認しておきましょう。
保険のなかには長期的に入院の必要がある場合でも毎日給付金が受け取れる保険などもあるので加入しておくことは万が一に備えてとっても重要になってきます。
しかし、この保障はずっと受けられる訳ではありません。
一般的には入院日数の限度が設定されているためそれ以上の入院となると保障が聞かなくなってしまうので注意しましょう。
多くの保険会社が指定するのは1回の入院で2ヶ月程度を限度としており、契約期間内のであれば約3年とされています。
長期的な入院の場合はこれらに注意して医療保険に加入しましょう。
手術給付金は一般的に手術を受ける際に受け取ることが出来る給付金です。
怪我や病気で手術が必要になった場合に受け取ることが出来るものです。
給付される金額的には入院給付金の5倍から20倍とされていて、手術の内容などによって給付される金額が変わって来ます。
基本的に入院給付金とセットにされがちですが、セットという訳ではなく入院の必要がない日帰り手術でも適応される場合があるのでその辺りに注意しておきましょう。
様々な保険の選び方がありますが、近年では給付金と保険料をしっかりと考えて選ぶというような選び方が重要とされているので、自分の給料に見合った保険料と心配される怪我や病気の保障に見合った保険の選び方を考えることが重要です。