医療保険の選び方|あなたにピッタリ医療保険情報提供

説明

必要保障額で選ぶ

質問する女性

保険会社や保険のプランによっては医療保険の保障額が大きく変わってきます。
そのため、選び方基本的な部分に保障金額が適切であるか、というのが重要になるのです。
一般の方では入院や手術がいつ自分に必要になるか分かりません。
しかし、高い保険料を支払っているのは無駄な出費と考えた方が良いでしょう。
ついつい後々お世話になるからと高額な保険料を払い続けていても利用しなかった場合などは正直お金の無駄遣いになってしまうことが多いので医療保険に加入する際には必要保障額だけを保険料の支払いとして活用できるようにした方が良いとされています。
必要保障額は治療や入院に必要な金額である治療費や入院費から健康保険などの公的な医療制度で保障される金額や預貯金、自分以外の家族の収入を差し引いた金額のことです。
医療保険はいざという時に支払うための保険なので必要以上に支払いすぎる必要はなく、必要保障額によって選び方を考えるのが望ましいのです。
また、実際に怪我や病気になってしまった場合、医療費がどれほどかかるのか考えるのも大切です。
入院日数は怪我の度合いやかかる病気によっても異なりますが、平均の入院期間は35日程度とされているのでよほど重い病気にさえかからなければスタンダードな保障である60日の保障で良いでしょう。
公的な医療制度による保障は所得などによって変化します。
医療費が1ヶ月8万円を超えてしまう場合は、公的な医療制度である高額医療費制度が使用出来るので、付加給付金制度などがある場合は25,000円程度に抑えられるので入院で5,000円程度になります。
これにスタンダードな医療保険の入院給付金を当てれば十分な保障が得られるでしょう。
このように、しっかりと自分に合った医療保険の選び方は必要保障額を出すことによって必要以上の保障を付けなくても住むような選び方が出来るので安い保険料で確かな保障を受けられるようになっているのです。